【備忘録】宮崎駿の「面倒くさい」にめっちゃ励まされる

宮崎駿 面倒くさい 日々のこと


こんにちは、ともこです。


突然ですが私は基本的に面倒くさがりです。

今日は仕事に行きたくないな とか
夜ごはん作り今日は手抜きにしよう とか
えー掃除?めんどくさー とか
よく思っています。

仕事でももちろんあります。

先日もやる気がプツンと切れ
どうしようもない日がありました。

やる気が切れるとたいてい罪悪感も一緒にやっきて
気分がズーンと重くなってしまいます。


そんな中、ネットサーフィンをしていたら

あの

宮崎駿も「面倒くさい」
と口にしていたと!

しかもテレビの取材で!!!



一連を見た後、気持ちが楽になったので
備忘録として記事に残したいと思います。


気になる方は続きを見てみてください。




宮崎駿も「面倒くさい」と思うことがあるんだ!





めちゃめちゃ「面倒くさい」っていうじゃん!!!笑


しかし、宮崎駿でも「面倒くさい」と思うことある
って知ってなんだか気が楽になります。





「面倒くさい」が
次々とあふれ出てきます。


「面倒くさい」の正体は・・・



面倒くさいの正体は
自分の気持ち・・・・




なるなる!

面倒くさいけど
その中には「やる」と決めたものもあったりしてさ・・・・




個人的にはこの

究極に面倒くさい

が結構好き。



私個人的には「何かももういやっ」
っていう感覚が「究極に面倒くさい」に近いかも。




「面倒くさい」の意味が深かった





面倒くさくても
「大事なことに取り組んでいる」
と気づいたらあとは黙々と取り組めそう。


まとめ

宮崎駿も「面倒くさい」って思うことを
知ったら気が楽になったのが一番大きいです。


それから、

自分の経験を思い返しながら
宮崎さんが話す「面倒くさい」の真意って
こういうことかも

と考えると今の自分が感じる面倒くさいは
ちょっと贅沢な感覚なのかもしれない

という発見もあり心が落ち着きました。



面倒くさい気持ちが大きくなったら
ここに戻ってこようと思います。


まとまりなく、手が動くままに綴ってきましたが
今回はこれでおしまいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。