keying (キーイング) とは?コネクタの設計

keying (キーイング) とは? 技術英語と機械設計


こんにちは、ともこです。
技術系の職場で翻訳通訳および技術アシスタントとして働いています。

keying (キーイング) って何?


本記事ではこんな疑問にお答えします。



POINT
  • keying (キーイング): コネクタの誤挿入を防ぐためのもの



keying(キーイング)とは


keying (キーイング)とは
コネクタの誤挿入を防ぐためのものです。


キーイングが必要な理由は、似たコネクタを挿入すると
電源がショートし機器の故障に繋がる場合があるからです。


家に入ための鍵 (key) もそのドアに合う鍵でないとドアが開かない
もしくは、鍵が鍵穴に刺さらないですよね。




キーイングを設けることで、似通ったコネクタでも
その機器専用のコネクタ以外は刺さらないようにしています。


例えば、製品Aと製品Bがあるとします。

製品Aと製品Bのコネクタは形状が良く似ています。
製品A用のオスコネクタを製品B用のメスコネクタに
誤ってさしてしまった場合、製品が壊れてしまうかもしれません。



そこで図のように形状を少し変えることで
誤挿入を防止します。


すると刺さらなくなるのはご想像いただけるでしょうか?



他の誤挿入防止の対策として、
オスコネクタの端子を太くして
メスコネクタに入らないようにする方法もあります。


まとめ

POINT
  • keying (キーイング): コネクタの誤挿入を防ぐためのもの



今回はこれでおしまいです。
最後までお読みいただきありがとうございます。