variant (バリアント) とは?

variant (バリアント) とは? 技術英語と機械設計

こんにちは、ともこです。
機械設計の職場で翻訳通訳および技術アシスタントとして働いています。


今回は variant (バリアント) についてです。

POINT

variant (バリアント) は、
オリジナルのモノから異なること、または、複数のモノがそれぞれ異なることを意味する。

考えられる日本語訳は:

  1. 異なること、違い
  2. バリエーション、種類
  3. バージョン/版
  4. 様々な
  5. バリアント

です。




variant (バリアント) の意味とは

上記でvariant (バリアント) は、

オリジナルのモノから異なること、または、複数のモノがそれぞれ異なること

を意味すると言いました。


しかし、これだけだとイメージがしにくいと思うので
ここからは考えられる5つの日本語訳を紹介・解説します。

意味①:異なること、違い

数字的なバラツキではなく
何か基準や例図があっても実際はそれらの通りにはならないようなときは
「異なる」「違う」というような言葉がしっくりきます。


例えば、何かの参考図があったとして

Design could be variant from figure below in reality.

variant (バリアント) とは?(1)
variant (バリアント) とは?(1)



意味②:種類、バリエーション

製品全般について話をしているとき
製品の種類やバリエーションのことを意味している場合があります。


例えば、こんなイメージです。


You came to an automobile dealer because you want to buy a car. There is white colour one in front of you. It is original version. You are thinking to buy red or blue of that car. Then staff talked to you “we have other variants from that colour”.

訳:
車を買いたくて自動車ディーラーに来ました。あなたの目の前には白い車があります。これがオリジナルバージョンです。あなたはその車の赤か青を買いたいと考えています。店員さんが「他の色もありますよ」と話しかけてきました。

variant (バリアント) とは?(2)
variant (バリアント) とは?(2)



意味③:バージョン/版

製品全般について
特に同じ製品の進化版に対して○○版とか○○バージョン
と意味していることがあります。


例えば、こんなイメージです。


New variant of SUBARU Forester will be on sale soon.

訳:
スバルフォレスターの新型車が間もなく発売されます。


意味④:様々な

感覚としては「意味②:種類、バリエーション」と似ています。

しかし、日本語に訳すときは
様々な」と当てはめたほうがピッタリ合うことがあります。

意味➄:バリアント

上記で紹介した4つの意味がうまく当てはまらない、
もしくは上記で解説した意味が複数被っていそうなときは
バリアント」で訳してしまいます。

vaiant (バリアント) の訳は難しい

Variant (バリアント) の難しいところは、

自分が働いている業界や扱っている製品に関して
ある程度の知識がついていないと意味が推測できない


場合があるところです。


「意味➄:バリアント」で解説した通りに
「バリアント」と訳した場合
翻訳後の文書を読んだ方は真の意味を理解でき可能性が高いです。

(翻訳者も完全には解読できていないという意味でもあるのですが。)

この場合は依頼者に説明したり
文書に補足として考えられる訳をメモして残しておきます。


英語を第二言語として使用している会社もたくさんあるので
どこかで母国語と英語のニュアンスを混ぜてつかったり
母国語から英語に翻訳する過程で意訳したりしているので
このようなことが起こるのだと思います。

このような背景を頭に入れておくと
訳に悩んだ時にいろんな角度から
可能性のある訳を考えることが出来ます。

まとめ

POINT

variant (バリアント) は、
オリジナルのモノから異なること、または、複数のモノがそれぞれ異なることを意味する。

考えられる日本語訳は:

  1. 異なること、違い
  2. バリエーション、種類
  3. バージョン/版
  4. 様々な
  5. バリアント

です。



今回はこれでおしまいです。
最後までお読みいただきありがとうございます。