翻訳・通訳

今なら話せるようになったかもしれない翻訳・通訳で経験したトラウマ話と学んだこと

trauma
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、Tomoko です。

今回は翻訳・通訳で経験したトラウマの話です。

いまでこそ「記事にしてみようかな」
くらいの気持ちになってきたけど
当時は辛かった…。

新卒の頃あった話で、
「翻訳通訳するのが怖い」と
感じるようになったきっかけでもあります。

翻訳のトラウマ話

翻訳のトラウマは
会議10分前に来る資料の翻訳依頼です。

  • 会議に使う資料を訳してほしい
  • 資料のページは10ページ程度
  • 会議開始は10分後

ということです。

無理でしょ。

今なら速攻でそう言えますが
当時まだ未熟だった私には言えませんでした。

業界用語、専門用語、資料の技術的内容…..
全部わからない。

依頼者も急いでいるというのに
資料の内容の説明もされず

聞いても適当に流され、

内容を理解するところから
始めなければなりませんでしたし、

せかせかした空気を感じながら
出来るだけやって資料を出していました。

幸いにも?社内の会議だったので
どうにかなった会議ですが

海外赴任している日本人の方には
かなり迷惑をかけました。

(1回や2回じゃなかった)

日本語の資料を作った本人は、
「翻訳者に投げるところまで時間内にやったから
間に合わなかったのは自分のせいじゃないです」
みたいな感じでしたね…

いまは可能なら会議の時間を
後ろ倒しにさせてもらうくらい
図太い姿勢でいきます。

通訳のトラウマ話

新卒で配属されて
1か月経つかどうかの頃の記憶です。

突然ミーティングに呼ばれて「同時通訳して」
と言われました。

は?

ってなりましたね。笑

この会議の趣旨、アジェンダ、他の会議出席者、
業界用語、専門用語、等

まったく分からなかったので
相手が言っていることも理解できず

当時は黙り込むことしかできなかったです。

会議にはもちろん
他にも英語が分かる人が参加していたので
会議は進んでいきました。

ただ、「同時通訳して」と発せられたときの
大勢からの注目や
対応できなかった不甲斐なさや恥ずかしさ
は今でも思い出します。

【学んだこと】依頼者と翻訳・通訳者の協力は大切

こんな経験が起こった共通点は

  • 翻訳・通訳が必要なことを事前に知らされない
  • 翻訳・通訳する内容を共有してもらえない
  • 共有を頼んでも共有してもらえない

資料は、会議の直前に渡せば
ちょちょっと訳してもらえる
とでも思われていたのでしょうか?

会議って、仕事を回せる人が参加するから
会社のこと、製品のこと、誰が関わっているか、
会議を行うに至った背景、など

超ベースの情報は
みんなが共通認識として持った状態で始まります。

それなのに通訳者には
その情報が共有されないんですよね。

日本語の会議でも内容を知らないと
参加するのが難しいのに

なぜ英語の会議だと内容を知らなくても
突然参加しても理解できる
と思うのでしょうか。

翻訳通訳者が依頼者が伝えたい内容をより理解できれば
相手との良いコミュニケーションにつながるのに


って思います。

さいごに

みなさんは翻訳・通訳の
トラウマや恐怖体験ありますか?

不満の塊のような記事になってしまったので
今度は「どうやってそんな状況の改善を試みたか?」
を記事にしたいと思います。

ご興味ありましたら読んでみてください!