テーパーと勾配とは?| 金型入門知識

テーパーと勾配とは? 技術英語と機械設計


こんにちは、ともこです。
機械設計の職場で翻訳通訳および技術アシスタントとして働いています。

テーパーと勾配ってなに?


こんな疑問にお答えします。



POINT
  • 金型から成形品を外しやすくするために必要
  • テーパー:左右対称な製品の中心から両側の角度を合わせた角度
  • 勾配:水平面に対する角度


テーパーと勾配

テーパーも勾配も
金型から成形品を外しやすくするために必要です。



テーパーとは、左右対称な製品の
中心から両側の角度を合わせた角度のことです。

つまり、中心に対して傾きが左右対称
ということです。

旋盤などによって円すい状に加工すると
左右対称になります。

英語では、taper といいます。




一方、

勾配とは、
水平面に対して片側だけの角度のことです。

製品の中心に対して片側だけ斜めに加工したときに
非対称になるので自然と「勾配」という表現を
使うようになります。

しかし、左右対称な製品であっても
片側ずつ指す場合は「勾配」と表現できます。

英語では、draft angle といいます。



図で表すとこんな感じです↓



ここまで、テーパーと勾配の違いを
交えながら解説しましたが

呼び方の傾向は
会社で異なることもあれば
強度対策など、何をするかでも
変わってくることもあるようです。

表現に注意が必要!

テーパーと勾配の表現には注意が必要です。

間違えてしまうと2倍か1/2倍の角度で
間違った製品が出来上がってしまう
からです。



出来上がった製品を見てから
間違いに気づいたら青ざめそうです…。


まとめ

POINT
  • 金型から成形品を外しやすくするために必要
  • テーパー:左右対称な製品の中心から両側の角度を合わせた角度
  • 勾配:水平面に対する角度



今回はこれでおしまいです。
最後までお読みいただきありがとうございます。