技術英語と機械設計

公差とは? 英語でなんて言う?

公差とは?


こんにちは、Tomokoです。

公差って何?


こんな疑問にお答えします。

POINT
  • 公差:「これくらいの誤差だったら許容するよ」という範囲


公差とは

公差とは
これくらいの誤差だったら許容するよ
という範囲のことです。

英語では tolerance といいます。

公差がある理由

製品を開発するとき、
特にお客さんに製品を納品する場合は
お客さんから仕様が要求されます。


仕様とは、開発製品の要望を
項目ごとに数字で表したものです。
英語では specification といいます。


その仕様を満足できるように
製品開発を進めていくわけですが

製品を量産すると出来上がったすべての製品が
100%同じにはならない
のです。

数字的にみると小さく異なります。
これをバラツキといいます。

英語では variation といいます。


どうしてもバラツいてしまうため
バラツキの許容範囲が必要となるのです。

≫ バラツキって何?

公差に関する用語

日本語英語説明
公差toleranceバラツキの許容範囲
上側規格限界 (上限)upper specification limit (USL)
または upper limit
規格を基準に+(プラス)側の限界範囲
下側規格限界 (下限)lower specification limit (LSL)
または lower limit
規格を基準にー(マイナス)側の限界範囲
両側公差bilateral tolerance規格に対して+とーの両側に公差が設けられていることを意味する
片側公差unilateral tolerance規格に対して+またはー片側に公差が設けられていることを意味する
許容値allowance規格に対してどれくらいの許容があるかを意味する 


さまざまな公差

ここからは、上記でご紹介した公差の用語について
寸法を例に解説します。

例えば、下記のような寸法(dimension)と公差があったとします。

この場合、

  • 公差は、0.2
  • 許容値は、+0.1, -0.1

です。

  • 上側規格限界は、50.1
  • 下側企画限界は、49.9

となります。

両側公差と片側公差

上記で解説に使ったのは両側公差でした。
+側と-側の両方に限界が設けられていましたよね。

両側公差という言葉があるということは
片側公差も存在します。

片側公差だと
+側または-側の片側のみに公差を設けます。


例:50+0.1

または、
例:50 -0.1


まとめ

POINT
  • 公差:「これくらいの誤差だったら許容するよ」という範囲



会話の中では「公差±0.1」と
言っているのを耳にします。

英語でもTolerance ±0.1 というように
コミュニケーションできます。

今回はこれでおしまいです。
最後までお読みいただきありがとうございます。