入れ子とは? | 金型入門知識

入れ子とは? 技術英語と機械設計


こんにちは、ともこです。
機械設計の職場で翻訳通訳および技術アシスタントとして働いています。

入れ子って何?


こんな疑問にお答えします。



POINT
  • 入れ子:金型の歩留まり・金型の加工性・成形不良防止のために一部分だけ取り替え可能な別部品




入れ子とは?

入れ子とは、金型の

  • 金型の歩留まり
  • 金型の加工性
  • 成形不良防止

のために一部分だけ取り替え可能な別部品
のことです。

イメージを持てるように
具体的に解説します。

金型の歩留まりと加工性のため

下の図のように、
凸形状を作らなきゃいけないとします。

入れ子とは?(1)
入れ子とは?(1)


左の図のように黄緑部分を削るとなると
調達した金型材料の多くを削ることになります

すなわち、材料の歩留まりが悪くなります

歩留まり (ぶどまり):製造業では、投入した原料や素材の量に対して実際に得られた製品生産数(量)の比率のことを言います。「歩」は「利益の単位」でもあり、「歩留まりが良い」は取り分が多い、「歩留まりが悪い」は取り分が少ない、という意味になります。(留まるのは「自分の懐」ってことですね^^)



また、削る部分が大きくなれば
削る時間や労力も大きくなります


つまり、加工性が悪くなります

入れ子とは?(1)
入れ子とは?(1)

そこで、上図右側のように
一部分だけはめる部品を作ったらどうでしょうか?
(=入れ子)

そうすれば、
金型加工のために時間や労力を
かけずに済みます。

さらに、調達した材料も無駄になりません。


作業性に関して言えば、
細長く金型を加工しなければならない場合
にも使えます。

入れ子とは?(2)
入れ子とは?(2)


成形不良防止のため

細長い形だと深いところにガスが溜まって
樹脂が流れないことがあります。

入れ子があることで空気が抜け(ガス抜き)
樹脂を金型の端まで充填できる
ようになります。

入れ子とは?(3)
入れ子とは?(3)


まとめ

POINT
  • 入れ子:金型の歩留まり・金型の加工性・成形不良防止のために一部分だけ取り替え可能な別部品


今回はこれでおしまいです。
最後までお読みいただきありがとうございます。