accuracy と precision 意味は?違いは何?

accuracyとprecisionの違い 技術英語と機械設計


こんにちは、ともこです。
技術系の職場で翻訳通訳および技術アシスタントとして働いています。

accuracy と precision の意味は?違いってなに?





こんな疑問にお答えします。

POINT
  • accuracy:正確度。どれくらい目標に近いかを意味する。
  • precision:精度。何回やっても同じ結果になるかを意味する。

accuracy と precision の意味

accuracy の意味は 正確度
どれくらい目標に近いかを意味します。

precision の意味は 精度
何回やっても同じ結果になるかを意味します。



違いをもうちょっとわかりやすく


ダーツを想像すると分かりやすくなります。



ダーツは真ん中が一番点数が高いので
みなさん真ん中に当てることを目指して投げますよね。

だから、ダーツの真ん中に当てると
「コントロールが正確だ」といいますよね。


さらに、真ん中に当て続けることが出来ると
「コントロールの精度が高い」と言うことが出来ます。



このイメージを持って下の図を見ていただくと
概念が見えてくると思います。

accuracy and precision (1)



何となくイメージが湧いたでしょうか?

accuracy と precision の違いが分かると標準偏差も理解しやすくなる


accuracy (正確度) と precision (精度) を理解すると
標準偏差も理解しやすくなると思います。


下の画像を見てみてください。

accuracy (正確度) 高く precision (精度) も高い
尖った曲線になりバラツキが小さくなることが分かります。

accuracy (正確度) 高めでも precision (精度) が低くなる
緩やかな曲線になりバラツキが大きくなることが分かります。

accuracy and precision (2)



詳しく知りたい方は標準偏差とは?の記事をご覧ください。

まとめ

POINT
  • accuracy:正確度。どれくらい目標に近いかを意味する。
  • precision:精度。何回やっても同じ結果になるかを意味する。
          精度が高いとバラツキが小さくなる。



個人的に、正確度と精度を理解しておくと
標準偏差についても理解が進みました。


なので、標準偏差という言葉を始めて聞く方も
文系出身の方でも設計に関わる方は
是非勉強してほしいなと思います。


今回はこれでおしまいです。
最後までお読みいただきありがとうございます。