技術英語と機械設計

金型は英語で何て言う? | die, mold, tooling

die, mold, toolingの違い


こんにちは、ともこです。

悩む人

金型って英語で何いうの? die とか mold とかいくつか単語があるけどどれが正しいの?



こんな疑問にお答えします。

POINT
  • mold:液体状の材料を流し込んで成型する型
  • die:固形状の材料をたたいて成型する型
  • tooling:mold も die も含む金型の総称

mold に訳す金型

mold は液体状の材料を流し込んで成型する金型です。
すなわち、鋳造に使われる型のことです。

鋳造を知らない方へ、こんなイメージです。


die に訳す金型

die は固形状の材料をたたいて成型する金型です。

すなわち、鍛造に使われる型のことです。

鍛造を知らない方へ、こんなイメージです。

tooling に訳す金型

tooling は mold も die も含む金型の総称のイメージです。

具体的には区別しないけど「金型」と言うときに使います。
金型部品を含む場合もあります。

mold, die, tooling の使い分け

個人的な経験の話になりますが

mold と die は
単体の部品を作ってくれるメーカーと
やりとりするときに使っているイメージ
です。


tooling は特に海外のお客さんとのやりとりで
使っているイメージ
です。


もう少し具体的に言えるとしたら
お客さんは、いろんな部品メーカーとやりとりをしているので
mold も die も含む tooling を使っていて

Tier1 以下は部品メーカーと具体的なやり取りをするために
mold や die を使用している感じです。



ダイキャストの金型は何て言うの?

ダイキャストに使用する金型は
英語で die-casting mold です。

ダイカスト(ダイキャスト)は
鋳造を発展させた加工法です。


溶かした材料を型に流し込む点は
鋳造と一緒ですが

ダイカストは圧力を加えて
材料を金型に流し込みます



材料を流し込む際の圧力に耐えられるよう
金型も何トンもの力で押し合わせた状態にします。


鋳造はメソポタミア文明の頃からあり
ダイカストは1838年のアメリカで
手動式の活字鋳造機の発明が始まりなのだとか。


そう聞くとダイカストが最近の技術に聞こえます。
それとも、鋳造がめちゃくちゃ古くからあるといった方がいいのか…。


本記事では「鋳造」「ダイカスト」という言葉を使っていますが

  • 鋳造を、重力鋳造
  • ダイカストを、圧力鋳造


と呼んでいるメーカーや会社もあれば、


鋳造という枠の中で

  • 重力鋳造
  • 低圧力鋳造
  • 高圧力鋳造 (ダイカスト)


と圧力の違いで
呼び方を分けている場合もあるようです。

まとめ

POINT
  • mold:液体状の材料を流し込んで成型する型
  • die:固形状の材料をたたいて成型する型
  • tooling:mold も die も含む金型の総称



金型の種類ってたくさんあって
最初は見る気になりませんでした。

自分が関わる製品を作るのに使う金型から
勉強してみるのがおすすめです。


“1”知識が入れば
その後の新しい知識も頭に入ってきやすいからです。

その”1”を得るのが
結構大変だったりするんですよね…


このブログが”1”を積み重ねる
きっかけになれば嬉しいです。


今回はこれでおしまいです。
最後までお読みいただきありがとうございます。